So-net無料ブログ作成
検索選択

フランキンセンス [アロマ豆知識]

フランキンセンスは古いフランス語「本当の薫香」の意味を持ちます。

[サーチ(調べる)]別名として「乳香」「オリバナム」とも言います。

「オリバナム」はこの木の樹脂が乳白色であったことからアラビア語の「乳」という単語が語源です。

[サーチ(調べる)]「乳香」と聞くとイメージでは優しい甘い香りを想像しますが香りから付けられた名前ではありません。

オリバナムと語源は同じで、樹皮に傷をつけた時にミルク色の樹液がにじみ出ることから名づけられました。

現代でも神聖なものとされ、幼子イエスの捧げ物のひとつとして聖書[本]の中に登場しています。

精油にするには、樹液を1ヶ月以上乾燥させ樹脂が固まったら採取します。

その後、水蒸気蒸留します。

クローバーアロマの「何だろう?」を楽しく学ぼう♪ http://heartbill.net/ 「アロマの辞典


nice!(29)  コメント(0) 

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。